7か月遅れの追悼。Ian Whitcomb

投稿日: カテゴリー: TALK

ここ数年ミュージシャンの訃報を頻繁に耳にするようになり、その度に様々な思いを抱くのですが、こんなにジンワリと淋しい気持ちになるのは珍しいこと。その殆どのレコードを買い集め、來日時にも追っかけて直接サインを戴くなどして、大ファンを自認していたイギリスのシンガーにしてラグタイムやティンパンアレイ・ソングの研究家、イアン・ウィットカムが亡くなっていたことを、実はつい最近知りました。

亡くなった日が、4月19日という、ちょうど世の中が閉鎖態勢、わたし自身も前職を離れたばかりでかなりドタバタした状況だったとはいえ、この大事なニュースを見逃していたことに気付いたときは、ひどく脱力してしまった次第。

最初の出会いは、やはりパイド・パイパー・ハウスの広告とその店頭。ポール・マッカートニーのノスタルジー路線や、『ザッツ・エンターテインメント』がきっかけで嵌まったミュージカル映画など、good old timeのハリウッドソングへの興味を膨らませていた10代半ば、情報が少なかったことも相まって、彼の存在はとてもワクワクするものでした。

ただ、そこで一気に熱中していったわけではなく、すぐに訪れるニュー・ウェイヴの騒ぎに心奪われ、ひとまずはレコード棚の片隅へ。再会したのは’80年代後半、なんと最初の職場で催された輸入盤バーゲンコーナー。掘り出し物が多数と評判の500円均一の塊をチェックしたら、かつてパイドで見かけたタイトルがズラリと並び、片っ端から取り置き(!)の大反則に。

これが呼び水となり、以後レコード屋を覗く度に『I』コーナーをチェック、Discographyとにらめっこしながら集め続け、更にはご本人のウェブサイトからCD、著作、DVDなど様々なアイテムを収集し、いっぱしのコレクターと相成ったワケです。

R&Bスタイルの一発ヒットからスタートし、60年代のブリティッシュ・ビート・シーンをバックボーンに、突然ラグタイムを奏で始めたカッコ良さ。そのひねくれ具合とロックンロール・スピリットの混じりあい方はまさにイギリスならではの存在では。更に永年にわたってティンパンアレイを研究し続けるオタクさ加減も美しい。そして何より(後のトット・テイラーにも繋がる)フレッド・アステアを意識したと思われる小粋なボーカルスタイルが、ある種の異化効果を孕みながらも、ドリーミーなサウンドを支えています。

本来なら自分の店にズラリと並べて皆サマにお楽しみ戴くところなんですが、それは少し先に取っておくことにして、遅ればせながら彼の死を独り弔いたいと思います。合掌

そしてコトバはむつかしい

投稿日: カテゴリー: TALK

このページやtwitterで雑文を書く機会が増えてきて、こんなわたしでも言葉遣いに気を遣わざるを得ないワケで。

ホントどうでもいいようなことなんですが例えば…

*(笑)って書き方が大昔っから大キライで使ってなかったんですが、『w』が出てきた途端に導入w(こーゆーヤツね)、それも最近ダセえなあと思い止めてみたり

*『〇〇でーす』のアンチテーゼとしての、『〇〇ですー』かなあ、とか

*『ー』をあえて使うのは昭和軽薄体ってヤツへの、まあノスタルジーみたいなもの? あ行との使い分けとかもするわけです

*長く会社で固い業務用文書ばっかし書いてたんで、どうやって崩すか、崩し過ぎて下品になってないか、とか微妙に悩むところです。わざと文法無視したりとかね

*絵文字の類いはどうも品が無いような気がして使いたくなくて。『、』『。』『…』みたいな基本的なものだけで勝負しようと

*カタカナを充てるのは、柔かさとある種の異化効果なんでしょう

*一人称をどうするか問題で、しばらくは『アタシ』を使っていたのです。東京弁の柔らかいカンジを出そうと思って、語尾の『~かしら』とかと併用していたら、違うニュアンスを帯びることがあると指摘され、『わたし』に変えてみたり

なんてまあ、チマチマしたことばかり気にしつつ、今日も中身のない駄文を書き散らしているわたしです。よろしければ引き続きお付き合いのほどを。

オープンして3週間…

投稿日: カテゴリー: TALK

オープンして3週間、漸く一寸落ち着いてきたカンジでしょうか。
贅沢にも夏休みなど取り、リフレッシュにと、店のコーナーや装飾に少し手を加えてみました。

これからどれくらいの期間この店をやっていく(いける)ことになるのかサッパリ分かりませんが、お客様に面白がっていただくため、そして酷く飽き性のアタシが持ちこたえるためにも、日々の展示、特集セールなどに力を入れていきたいと思っているのです。

在る物を売る、というのが中古商売の宿命。買取り品や店頭の在庫、我が家に眠る品々から、レコード・CD・本など取り混ぜ、頭を捻りまくってテーマを決めていく毎日は、先々のボケ防止にも繋がるかと。
まあそのうちホントにボケておんなじこと何度も繰り返すことになるかもしれませんねー。

一寸、休みます。

投稿日: カテゴリー: TALK

開店準備の諸々からオープン後のお蔭さまの盛況と、ほぼワンオペで駆け抜けて参りまして、流石にアラカン身体が悲鳴をあげつつあり、またオープン時の店内の様子にも少し飽きてきたので、モノの整理や入れ替えなどに勤しみ、そしてアルコールを浴びて休む3日間を設けたいと思います。

 

誠に恐れ入りますが、定休日を挟む下記期間、夏休みといたしますので、どうぞご確認の程よろしくお願い致します。

8月17日(月)・8月18日(火・定休日)・8月19日(水)

 

レコファンへのLove Letter、のような。

投稿日: カテゴリー: TALK

お店のご案内にも記載の通り、アタクシはこの春まで約33年、レコファンというレコード・チェーンに勤めておりました。チェーンと言っても、今では2店舗になり、間もなくその1つである渋谷店が閉店になるとアナウンスがあったばかりです。
33年在籍したということは、つまりは生きてる時間の半分以上を過ごしたわけで、そりゃまあ色んな思いもあり、そして大変お世話になったのでした。

辞めるという決断をしたのは今年が明けて間もなく、未だコロナが新種のインフル程度に扱われていた時期。還暦間近の環境を一変しようという思い切りと、もう会社の役に立てないという諦めが交差する中、最後は代表者に快く背中を押してもらった次第。
退社時には既にコロナ禍進行し、同僚後輩達への挨拶もそぞろに慌ただしく身を引くこととなってしまったのは、送別会の類いが苦手な身には寧ろ好都合だったかと。まあ薄情なヤツと後ろ指指されたかもw

でも、やはり古巣への思い断ちがたく、本来なら立ち会っている筈だった閉店への作業の大変さを思うと、やや複雑な心境でゴザイマス。

全くもっておこがましいのですが、アタシの仕事と思いも沢山詰まっているレコファン渋谷BEAM店、ドーゾ最後まで暖かく見守ってあげてください。

店、始めましたー

投稿日: カテゴリー: TALK

とゆーワケで、突然オープンの発表とさせていただきました。
フツーであれば前もって日付を謳い煽りに煽って?開店景気のご祝儀売り上げを狙う、なんてとこなんですが、何せこのご時世。コロナ第二波の只中に開店する中古レコード店として、どんなことができるのか、手探りで進んでいくしかありません。

中古店のオープンともなれば、新規在庫を目指してお客様が集まるのが常。「密」というほど並ばれないにしても、小さなお店に数人でも集まればそこはレッドゾーン。
ならば気が付けばスタートしている店に、少しづつ集まっていただくのが良いのではないかと。事前のお知らせを控えたのはそんな思惑でした。

そして店の環境にも配慮。路面店故の通気の良さ、余裕を持たせたエサ箱配置。そして、消毒液・飛散防止板の設置など原則的な対応もぬかりなく、安心してたとえ一時でもコロナのことを忘れて快適に過ごしていただけるよう、店作りしたつもりです。

感染症対策って、なんかメンドクセーっつーのが、ホント正直なとこですが、世の中大きく変わっちゃったんだなと肝に銘じてルーティーン化していくしかありませんね。

と色々言い訳してまいりましたが、実は店でレジ打つのがン十年ぶり?なんでビビってたりもしますw。
ご来店の折は、どーぞ温かく見守ってやってください。

ただいま粛々と準備中ー

投稿日: カテゴリー: TALK

まさかのコロナ禍で諸々想定外が続きましたが、ようやく色んなことが具体化してきて、何とか7月末までには開けられそうなフンイキwになって参りました。ま、この後突然ギックリ腰とかやっちゃったらアウトですけどね。