得体が知れないなあ、それが今現在の感想

投稿日: カテゴリー: TALK

※以下、なんだかダークな?トーンになっちゃって。
その時何考えてたか自分のための備忘録的な独り言を綴っちゃいました。どうかお気になさらず、うっちゃっちゃって下さいな。

************************************

よもやここまで票を集めるとは。所謂リベラル派というものの在り方も問われる事態。

そして、あの方法論で、ある程度の熱狂を創り出せることが改めて証明され、今後様々な展開が考えられるということ。

前時代のやり方を踏襲もしていたsealdsやれいわの熱狂とは、質も対象も明らかに異なる。

彼の人間性や行動について感情的に批判してもあまり意味がない。不遜な態度は半ば確信犯的に支持者に向けたメッセージで、炎上商法的に注目を集めた後、再度取材を受け人間臭さをアピールしてみせる狡猾さ。

ある種の人々はもう、その立ち振舞にイチコロ、なんだろう(それは若年層に限らないだろう)。

彼の基本的な姿勢はボトムアップ、すなわち最終的な責任は市民にあると。その声を集約させ実現する舵取りが自分の役目という。イデオロギーではないのだと。

地方都市レベルならいざ知らず、都政や国政でどう動くつもりなのか。

実のところ、岸田の「聴く力」と大差ないのではないか

支持者共々何も中身が無いと断じる者もいて、確かに彼が何をやりたいのか、その思想性が不明

ホリエモン以降の下劣な新自由主義者的傾向の強さは感じられるが。

空っぽであるなら、なんでも放り込むことができる。

良からぬ輩が擦り寄り、彼の拡散力と結びついたら何が起こり得るか

現状に至る道筋

80年代の我々!による、前時代までの生真面目さとの決別→斜めな視線/冷笑する態度、それが賢くカッコいいという価値観

松本人志に代表される、反射神経第一主義。中身ではない、反応の速さとえげつなさを誇り、反射神経イコール頭の良さという捉え方

経済的衰退を背景とした生きづらさ。

金持ちは自己肯定感に溢れ、周囲に自己責任論を強いる。

貧乏人は追い詰められ、享楽と下品な現実主義に陥る。

そして、この20数年のネット環境の変動。画像含む情報の授受が極端に簡便化、SNSという舞台を手元で操れる危うさ

彼については、何かのきっかけで簡単に失脚してしまうかもしれない。単に飽きられてしまうかも。しかしそれでも、第2第3の彼は登場するのだろう。しかもヴァージョンアップした形で。

怪物、というほどの大物かどうかは別としても、注視を怠ってはいけない

************************************

2024年、遅ればせながら…

投稿日: カテゴリー: TALK

大変に今更、というタイミングですが、あけましておめでとうございます。

と、言ってみたものの、昨年は親友や近しい人を相次いで失い、また遠い存在ながら自分にとって大切な方々が多く旅立たれて喪中な気分、というところに大災害や大事故、お屠蘇気分というより気持ちを紛らわそうと大酒(あ、コレ都合のイイ言い訳w)喰らい、何となくボーッとしたまま迎えた正月明け、1月も中旬を過ぎやっと通常運転な気分になってきたところです。

ここ20年ほどズーーっと感じてきた世の中のヤなカンジ、いよいよ「カンジ」を通り越し危険な兆候を見せ始めた昨年、でもまあ諸々巨悪が多少でも崩され、世の価値観が書き換わってゆく様も見受けられ、悪いことばかりでもないでしょう、と思い込む。

にしても、価値観の上書きは自分の身にも降りかかり、数十年の行いへの反省ばかりがつのる日々。

兎に角、本格的に老いてく時期に今の仕事・環境を選んだワケで、せいぜい面白がりつつ前に進んで参りましょーか。

そして例の如く、2023年「私の収穫」を。

こう見えても?新しい音との出会いは常に模索しているんですがなかなかパッとしたもの見つからず。でも今回は収穫アリ。

先ずはなんつってもこの2枚、とってもアイデアに満ち、演奏も達者、スゴいことやってるのに飄々と、ユーモアも感じさせる、こーゆーのが今は一番好きです。「コロナ禍の心情を見つめ直し、繊細なサウンドに真摯な唄を…」とかいう手合いは他所でやってくれ、ってカンジ(言い過ぎ)。 #民謡クルセイダーズ #knower

デビュー作以来ずっと追っかけてる #nagakumo 最新盤もやっぱり素晴らしかった! 曲・演奏・唄、そして歌詞がイイ。さらにCDのパッケージングの可能性を追求してるとこもスゴい。勝手な例え方をすると、#skirt を知り夢中になったあの頃のカンジに匹敵する、そんな状態のわたしです。嗚呼、ライヴ観てみたいなあ(なかなか東京でやらない様子…)。

そして、メモリアルな2点。

#ムーンライダーズ の近年のライヴの素晴らしさの記録、特にこの<マニア・マニエラ/青空百景ライヴ>は、アイデアに満ち、コンセプチュアルな演出にワクワク、そして #岡田徹 サンの姿に涙。さらに、#高橋幸宏 氏の物語を再構築した慶一サンの手腕に感服しつつ号泣。

さあて今年は、「楽しくなければ個人事業主のレコード屋じゃない(長い)」ってことで、せいぜい面白がって商い続け、親父の年齢をそっと越してきたいと思いますー

ヤマシタ先輩のこと

投稿日: カテゴリー: TALK

※2023.7.15.加筆

高校・大学のセンパイなんです。

それは兎も角。

小山田クンと同様に、決して誉められたもんじゃないと思いますが、あの時と同じ、息苦しさも感じます。通りすがりの「正義漢」が跋扈する世の中はますます子供じみて。

頑固一徹のセンパイの演説は無邪気過ぎ、そしてとてもClosed。

推測ですが、ジャニーズ一家の皆サンと本当に仲良しなんでしょう、我々の想像をはるかに超えるレベルで。だからこそ、あの超論理派のセンパイがあそこまで感情的になっちゃったのでは。

そんなことより、わたしはクラゲになりたい。

2023年、第一声。

投稿日: カテゴリー: TALK

あけましておめでとうございます。
店を開けてから3度目の新年、数十年ぶりの長めな正月休みを取り、まだ頭がボーっとしたまま作業しているような状態の1月6日です。

「TALK」欄の更新が滞ってしまい、前回の新年ご挨拶から1年ぶりの投稿ということなってしまいました。
実は何度か原稿にトライしたのですが、推敲したり躊躇しているうちに世の中が先に進んでしまったりして挫折を繰り返したのです。
音楽以外のことを書こうとすると、まあだいたいが世の中に対する義憤のようなものになってしまい、この場にそぐわないかというような思いがあったことも確か。

今少しだけ書き記すとしたら。

************************************************************

世の中が全面的に良い方向に進むことなんて無い訳で、良くなっていく部分と悪くなっていく部分がないまぜな状態で進んでいくものなんでしょうが、それにしてもこの10年ほどの世の悪化ぶりは凄まじい。
そして、以前はぼんやりとしていた問題達が、いよいよ可視化されてきたような昨年だったのでは。「分断」というやや抽象的な表現から「対立」に向かわざるを得ないのか。

良くなっている部分もある。様々な場面で取り沙汰され糾弾される差別やハラスメント。細かい課題は見つかりつつも世直しが進んでいく様を、自らの大反省とともに見守っている今は、ほろ苦くも清清しい。

それにしても民主主義ってめんどくさいものだよなあ。でも手放すつもりはない。話題の「くじ引き式」っていいんじゃないかとも思う。

組織から離れて年月が経ち、改めて自分の頭で考えることに慣れてきた今、やはり若い頃からのポリシーのまま、自分にとってのカッコ悪いこと・恥ずかしいことはしたくない、を貫いていくことでしょう。

************************************************************

昨年の「私の収穫」は…

ムーンライダーズの新作とかスパークス関連とかが頭をよぎりますが、うまく形にならず。あまり吸収ができない年だったかも。感銘を受けた本とかもあったので、気が向いたらまとめます。

今年はね、自分で色々やりますよ-、多分w。

というわけでとりとめのない投稿となってしまいましたが、本年も当店の営業は続きます。どうぞご贔屓の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

謹賀新年 2022

投稿日: カテゴリー: TALK

明けましておめでとうございます。

こちらでのご挨拶が遅くなりましたが、新年早々2日より営業スタートしております。

当店も何とか2度目の正月を迎えることができました。いつもご贔屓いただき誠にありがとうございます。

昨年の前半は、オリンピックやらの大騒ぎ、緊急事態宣言による2か月に亘る休業など、落ち着いて商売できないような状態が続きましたが、秋口辺りからはいくらか世の中の様子も変わり、新たにお越しいただくお客様も増え、少しは前向きな気分になれたかなあ、といった感じの冬を迎えているところです。

去年前半の、あの毎日憂鬱な気分。コロナのせい、というより、この状況によってあぶり出された膿のようなものたちに侵され、犯されていく感覚。いやな渡世になっちまったなあ、ってことでしょうか。

そんなことばかり言っててもしょうがないので前向きに、と今日もレコードを出し続けます。

新年は、昨年に引き続き「お年玉セール」として、<皆様のお年玉を有効に使っていただこう>という趣旨のレア盤放出を展開中。5桁ばかりで恐縮ですが、チョイと珍しいモノばかりなのでよろしくご検討ください。

それでは本年もご何卒よろしくお願い申し上げます。

2022年1月

保木哲也

あ、ついでに昨年の「私の収穫」を簡単に。

圧倒的な体験だった映画「American Utopia」。非常に新しく高度なパフォーマンスでありながら全く頭でっかちなところは無く、だれでも楽しめる音と肉体の美しさを堪能させてくれ、しかも明確なメッセージを伝えてくる。機会があれば是非、生で鑑賞したいです。

新作を聴くたびに全身に震えがくるVan Dyke Parks。この音があれば他には何にも要らないかも、と思わされます。

ベテランにして新境地を聴かせてくれたMalavoi。美しく躍動的。

Henri Salvador による新たなベッドルーム・ポップの傑作。

Brian Wilson のピアノ・アルバム、演奏もさることながらジャケットがGood。

(あとは現時点で未入手のKorgisに期待中。)

Best Bookは、近田春夫の自伝「調子悪くてあたりまえ」

2020年は新しいものを聴く余裕が全くありませんでしたが、昨年はいくつかときめくものを見つけられました。今年は更に色々と面白いものに出会いたいモンです。

東京オリンピックについて、今思うこと。 / 覚書

投稿日: カテゴリー: TALK

2021年5月下旬現在、東京オリンピックついては、開催が『強行』される方向で開会まで約2ヶ月に迫ってます。さてどうなるんでしょー、と全く無責任に今後を展望し、後日に読み返してみたいなと。
(勝手ながら、あまり多くの方が読むことを前提にしてません。目にされた方は軽く受け流していただければ幸いです。)

最初にハッキリさせときますが、わたしは東京オリンピック反対です。すぐにでも止めて欲しい。コロナとか関係なく、そもそも誘致の段階から大反対してきました→ https://purple.ap.teacup.com/applet/kennel/msgcate2/archive
兎に角オリンピックが嫌い、ということでもないのですが、あれはやっぱし、遠くのよく知らない名前の街でやってるのを『深夜の衛星中継で』見るもの。東京なんぞで開かれたら、
1.近所でやられちゃ五月蝿いし、街をガチャガチャ弄られそうでイヤ 2.ただでさえ感動を煽られるイベントが自国開催なんかになったら、手の付けようもない同調圧力に締め付けられそうでイヤ
とゆーことで反対してるんです。

今は、1.コロナ変異株が数種発生し感染収まらず、ワクチン接種遅々として進まず 死者多数 2.東京含む複数の地域でコロナ禍による緊急事態宣言中、更に延長されそう 3.各種世論調査で6割以上(?)が開催反対
といった状況。まあ、普通に考えればこんな大運動会なんてやってる場合じゃありません。
にもかかわらず、政府、都、JOCの各トップは中止の決断を下せず、下々の者は職務を忠実に遂行することだけに邁進し、結果、外野の誰がどう言おうと、誰も流れを止められない有り様になってるように見えます。

IOCが横暴、金儲けオリンピック、日本の医療体制、無能な政府、そもそも感染症は人間の性(さが)?、などなど論ずるべき問題は山ほどありますが、ここは今後の展開に絞ります。

考えられるシナリオは色々あると思うんですけど、例えば、
1.このまま強行。大会中に関係者内などで感染拡大、競技者にもおよぶなど事態深刻化により已む無く途中で中止、という非常に悲惨でみっともない結果。
2.小池某あたりが突如中止を宣言、すったもんだの末に中止または再延期。政局など大混乱。『オリンピックを止めたんだから』という言い掛かりでエンタメ、飲食などに理不尽な圧力横行
などなど、どれも想像できるけどしたくない事態が考えられますが、実際にはこうなっちゃうんじゃないか、とわたしが大変心配するのがコレ↓
3.開催強行。真面目なスタッフたちは徹底的な対策を施すでしょう。五輪に関連する限られたエリアは、繁華街や通勤電車なんかとは次元の異なる統制のとれたものとなり感染対策など徹底、結果大きなトラブルもなく進行。競技もそこそこ盛り上がり、世の中は『感動』し、競技者やスタッフに『感謝』、挙げ句に政府まで印象が好転。まさに今自民党幹部が狙っているような結果がもたらされてしまうのでは、と。

無事にできりゃあイイじゃねーか、という向きもおられるでしょうが、それじゃあ、そもそもわたしが反対してた理由はちっとも解決されません。それに何より、強行は社会に様々な犠牲を強いり(誰か言ってた最近)、その後に大きな傷を残すのでしょう。ボクらにとっては、蛮行を止められなかったという大きな負い目を。(今それ言っちゃあオシマイか。でもなあ。)

4.開催されても、我々が一致して無視・ボイコットする。テレビやネットも見ず、SNSでは一切話題にしない
とゆー方法論もありますが、全体にまで広がらないでしょうし、『分断』ってヤツが進んじゃうだけでしょうか。

いずれにしてもボクらの憂鬱は当分続くワケで、さて3か月後にどんな気持ちでこの文章を読み返すことになるのかしらん。

売り場を拡張しました。

投稿日: カテゴリー: TALK

新年度を迎える前にと、取り急ぎ本棚とレコード棚を増設、売り場を拡張しました。特に本棚は従来の約1.5倍になり、本の冊数もグンと増やすことができました。これで、かねてより念願だった「小林信彦コーナー」の設置、乱歩、都築道夫、川崎ゆきおなど偏愛する作家たちの蔵書がようやく日の目を見ることになったわけです。

路面店ということで、当店の存在をご存じなく通りがかりにフラッと覗かれるお客様がいらっしゃいます。大変ありがたいのですが、レコードというものはやはり特殊な品物で、一般の方にはハードルが高い(というかそもそも聞けないw)。本ならば多くの方に見ていただき興味をお持ちになるのでは、というのが本を両輪の一つとした大きな理由です(ま、単純に本が好きですし)。

とはいえ、まだ相当偏った品揃えで、ご覧になって戸惑われるお客様も多い様子。お客様からの買取りにより棚が変化していくのを楽しみにしている状況です。

棚増設にあわせて、企画特集として80年代の雑誌、80年代に関する書籍を集めたコーナーを作りました。

シティロード、ブルータスなど当時の情報誌やステディなどの音楽誌、当時のテレビの様子が目に浮かぶTVガイドやCMナウなど、時代の空気感をそのままパッケージしてしまう雑誌の面白さが堪能できるかと思います(紙のメディアならではの特性ですね)。

当時のガイド本などと併せ、後年発行の分析本など様々な書籍をご用意しましたので、お気軽に立ち読みをドーゾ。

 

レコード棚も1台増やし、現在必死にレコードつくり中です!

過去の特集コーナーも常設として残し、新しい商品は毎日補充中です。初めての方も、以前にお越しいただいた方も、お気軽に覗いていただければ幸いです。

新年のご挨拶、そしてコロナ

投稿日: カテゴリー: TALK

新年あけましておめでとうございます。
昨年のオープンから間もなく半年、なんだかんだでここまで辿り着きました。
応援してくれる友人・知人、そして何より、何度も足を運んで頂いている方々を始めとした全てのお客様のお蔭と思っております。
綺麗ごとではなく、お客様ってホントにありがたいなあ、という気持ちは、正直、会社勤めの頃とは比較にならないほど大きいものです。色々と厳しいところもありますが、できるだけ長く続けたいと考えておりますので、もうしばらく見守ってもらえれば幸いです。

さて、コロナ第二波の最中にオープンした当店、ここにきての感染拡大にあたりどうしていくのか。

基本的には何も変えるつもりはありません。営業時間・休業も今まで通り。そもそもハナっからコロナ対応仕様でやってるワケで、自身のマスク着用と手指消毒、接客の度にカウンター周りの消毒、定期的な換気などなどは日常業務です。
カウンターには日曜大工でアクリル板を設置してありますが、試聴・接客コーナーにも近日新設。テレビスタジオかよっ、てカンジのアクリル仕切りを予定しております。

ご来店いただいた方はお分かりと思いますが、そこそこ広さもあるので人が密になることもなく(そんなに来ないしw)、ご自身によるマスク着用・手指消毒と併せて、比較的安全な環境ではないかと思います。

商品は不特定の方が触りますので、ご心配な方はご帰宅後ビニール袋の上からアルコール類で拭いてください。
我が家でもスーパー購入品など外から持ち帰ったものは全て拭いてます。

店をやっていて1つ気を付けているのが、音楽(とか商品にまつわること)以外の話題を持ち出さないこと。
コロナやら何やら面倒な日常を忘れるためにいらしているのだろう、と思うからで、逆に愚痴りたいって方はご遠慮なく。できる範囲でお相手しましょう。

「自粛を要請する」ような間違った日本語に従うつもりはありませんが、状況がより悪化してきたら、営業態勢を見直すかもしれません。が、とりあえずは毎日(定休日以外)店に来て座っております。

オンラインショップのタイトルを増やすチャンスとも思っているので、写真撮ったり作業してるかと思いますが、
何か聴きたかったり話したければ、どーぞ遠慮なくお声をお掛けください。

とゆーカンジで、今年もご来店お待ちしておりますー

7か月遅れの追悼。Ian Whitcomb

投稿日: カテゴリー: TALK

ここ数年ミュージシャンの訃報を頻繁に耳にするようになり、その度に様々な思いを抱くのですが、こんなにジンワリと淋しい気持ちになるのは珍しいこと。その殆どのレコードを買い集め、來日時にも追っかけて直接サインを戴くなどして、大ファンを自認していたイギリスのシンガーにしてラグタイムやティンパンアレイ・ソングの研究家、イアン・ウィットカムが亡くなっていたことを、実はつい最近知りました。

亡くなった日が、4月19日という、ちょうど世の中が閉鎖態勢、わたし自身も前職を離れたばかりでかなりドタバタした状況だったとはいえ、この大事なニュースを見逃していたことに気付いたときは、ひどく脱力してしまった次第。

最初の出会いは、やはりパイド・パイパー・ハウスの広告とその店頭。ポール・マッカートニーのノスタルジー路線や、『ザッツ・エンターテインメント』がきっかけで嵌まったミュージカル映画など、good old timeのハリウッドソングへの興味を膨らませていた10代半ば、情報が少なかったことも相まって、彼の存在はとてもワクワクするものでした。

ただ、そこで一気に熱中していったわけではなく、すぐに訪れるニュー・ウェイヴの騒ぎに心奪われ、ひとまずはレコード棚の片隅へ。再会したのは’80年代後半、なんと最初の職場で催された輸入盤バーゲンコーナー。掘り出し物が多数と評判の500円均一の塊をチェックしたら、かつてパイドで見かけたタイトルがズラリと並び、片っ端から取り置き(!)の大反則に。

これが呼び水となり、以後レコード屋を覗く度に『I』コーナーをチェック、Discographyとにらめっこしながら集め続け、更にはご本人のウェブサイトからCD、著作、DVDなど様々なアイテムを収集し、いっぱしのコレクターと相成ったワケです。

R&Bスタイルの一発ヒットからスタートし、60年代のブリティッシュ・ビート・シーンをバックボーンに、突然ラグタイムを奏で始めたカッコ良さ。そのひねくれ具合とロックンロール・スピリットの混じりあい方はまさにイギリスならではの存在では。更に永年にわたってティンパンアレイを研究し続けるオタクさ加減も美しい。そして何より(後のトット・テイラーにも繋がる)フレッド・アステアを意識したと思われる小粋なボーカルスタイルが、ある種の異化効果を孕みながらも、ドリーミーなサウンドを支えています。

本来なら自分の店にズラリと並べて皆サマにお楽しみ戴くところなんですが、それは少し先に取っておくことにして、遅ればせながら彼の死を独り弔いたいと思います。合掌

そしてコトバはむつかしい

投稿日: カテゴリー: TALK

このページやtwitterで雑文を書く機会が増えてきて、こんなわたしでも言葉遣いに気を遣わざるを得ないワケで。

ホントどうでもいいようなことなんですが例えば…

*(笑)って書き方が大昔っから大キライで使ってなかったんですが、『w』が出てきた途端に導入w(こーゆーヤツね)、それも最近ダセえなあと思い止めてみたり

*『〇〇でーす』のアンチテーゼとしての、『〇〇ですー』かなあ、とか

*『ー』をあえて使うのは昭和軽薄体ってヤツへの、まあノスタルジーみたいなもの? あ行との使い分けとかもするわけです

*長く会社で固い業務用文書ばっかし書いてたんで、どうやって崩すか、崩し過ぎて下品になってないか、とか微妙に悩むところです。わざと文法無視したりとかね

*絵文字の類いはどうも品が無いような気がして使いたくなくて。『、』『。』『…』みたいな基本的なものだけで勝負しようと

*カタカナを充てるのは、柔かさとある種の異化効果なんでしょう

*一人称をどうするか問題で、しばらくは『アタシ』を使っていたのです。東京弁の柔らかいカンジを出そうと思って、語尾の『~かしら』とかと併用していたら、違うニュアンスを帯びることがあると指摘され、『わたし』に変えてみたり

なんてまあ、チマチマしたことばかり気にしつつ、今日も中身のない駄文を書き散らしているわたしです。よろしければ引き続きお付き合いのほどを。