東京オリンピックについて、今思うこと。 / 覚書

投稿日: カテゴリー: TALK

2021年5月下旬現在、東京オリンピックついては、開催が『強行』される方向で開会まで約2ヶ月に迫ってます。さてどうなるんでしょー、と全く無責任に今後を展望し、後日に読み返してみたいなと。
(勝手ながら、あまり多くの方が読むことを前提にしてません。目にされた方は軽く受け流していただければ幸いです。)

最初にハッキリさせときますが、わたしは東京オリンピック反対です。すぐにでも止めて欲しい。コロナとか関係なく、そもそも誘致の段階から大反対してきました→ https://purple.ap.teacup.com/applet/kennel/msgcate2/archive
兎に角オリンピックが嫌い、ということでもないのですが、あれはやっぱし、遠くのよく知らない名前の街でやってるのを『深夜の衛星中継で』見るもの。東京なんぞで開かれたら、
1.近所でやられちゃ五月蝿いし、街をガチャガチャ弄られそうでイヤ 2.ただでさえ感動を煽られるイベントが自国開催なんかになったら、手の付けようもない同調圧力に締め付けられそうでイヤ
とゆーことで反対してるんです。

今は、1.コロナ変異株が数種発生し感染収まらず、ワクチン接種遅々として進まず 死者多数 2.東京含む複数の地域でコロナ禍による緊急事態宣言中、更に延長されそう 3.各種世論調査で6割以上(?)が開催反対
といった状況。まあ、普通に考えればこんな大運動会なんてやってる場合じゃありません。
にもかかわらず、政府、都、JOCの各トップは中止の決断を下せず、下々の者は職務を忠実に遂行することだけに邁進し、結果、外野の誰がどう言おうと、誰も流れを止められない有り様になってるように見えます。

IOCが横暴、金儲けオリンピック、日本の医療体制、無能な政府、そもそも感染症は人間の性(さが)?、などなど論ずるべき問題は山ほどありますが、ここは今後の展開に絞ります。

考えられるシナリオは色々あると思うんですけど、例えば、
1.このまま強行。大会中に関係者内などで感染拡大、競技者にもおよぶなど事態深刻化により已む無く途中で中止、という非常に悲惨でみっともない結果。
2.小池某あたりが突如中止を宣言、すったもんだの末に中止または再延期。政局など大混乱。『オリンピックを止めたんだから』という言い掛かりでエンタメ、飲食などに理不尽な圧力横行
などなど、どれも想像できるけどしたくない事態が考えられますが、実際にはこうなっちゃうんじゃないか、とわたしが大変心配するのがコレ↓
3.開催強行。真面目なスタッフたちは徹底的な対策を施すでしょう。五輪に関連する限られたエリアは、繁華街や通勤電車なんかとは次元の異なる統制のとれたものとなり感染対策など徹底、結果大きなトラブルもなく進行。競技もそこそこ盛り上がり、世の中は『感動』し、競技者やスタッフに『感謝』、挙げ句に政府まで印象が好転。まさに今自民党幹部が狙っているような結果がもたらされてしまうのでは、と。

無事にできりゃあイイじゃねーか、という向きもおられるでしょうが、それじゃあ、そもそもわたしが反対してた理由はちっとも解決されません。それに何より、強行は社会に様々な犠牲を強いり(誰か言ってた最近)、その後に大きな傷を残すのでしょう。ボクらにとっては、蛮行を止められなかったという大きな負い目を。(今それ言っちゃあオシマイか。でもなあ。)

4.開催されても、我々が一致して無視・ボイコットする。テレビやネットも見ず、SNSでは一切話題にしない
とゆー方法論もありますが、全体にまで広がらないでしょうし、『分断』ってヤツが進んじゃうだけでしょうか。

いずれにしてもボクらの憂鬱は当分続くワケで、さて3か月後にどんな気持ちでこの文章を読み返すことになるのかしらん。

『毎月ラテン・コーナー』スタート!

投稿日: カテゴリー: TALK

オープン当初よりラテン/サルサ関連は力を入れて品揃えしてきましたが、今月から毎月第2週と定めて、定期的に新規のお品物を放出していくことに致しました。

毎月・毎週、様々なジャンルのレコードをご用意していく流れの中で、なかなか眠っているラテンの箱まで辿り着くことができないことに気付き、これはもう決めごとにしなければ、と思い立った次第です。

嘗ての名店のお名前をお借りして、文字通り毎月のラテンコーナーを充実させていきますので乞うご期待。

4月の第1回は、“KING OF RHYTHM”、ウィリー・ロサリオを放出中です。以後、アーチストや年代でまとめたり、気まぐれに一掴みしたり、試行錯誤していきますので、もしご要望などあればお聞かせください。

売り場を拡張しました。

投稿日: カテゴリー: TALK

新年度を迎える前にと、取り急ぎ本棚とレコード棚を増設、売り場を拡張しました。特に本棚は従来の約1.5倍になり、本の冊数もグンと増やすことができました。これで、かねてより念願だった「小林信彦コーナー」の設置、乱歩、都築道夫、川崎ゆきおなど偏愛する作家たちの蔵書がようやく日の目を見ることになったわけです。

路面店ということで、当店の存在をご存じなく通りがかりにフラッと覗かれるお客様がいらっしゃいます。大変ありがたいのですが、レコードというものはやはり特殊な品物で、一般の方にはハードルが高い(というかそもそも聞けないw)。本ならば多くの方に見ていただき興味をお持ちになるのでは、というのが本を両輪の一つとした大きな理由です(ま、単純に本が好きですし)。

とはいえ、まだ相当偏った品揃えで、ご覧になって戸惑われるお客様も多い様子。お客様からの買取りにより棚が変化していくのを楽しみにしている状況です。

棚増設にあわせて、企画特集として80年代の雑誌、80年代に関する書籍を集めたコーナーを作りました。

シティロード、ブルータスなど当時の情報誌やステディなどの音楽誌、当時のテレビの様子が目に浮かぶTVガイドやCMナウなど、時代の空気感をそのままパッケージしてしまう雑誌の面白さが堪能できるかと思います(紙のメディアならではの特性ですね)。

当時のガイド本などと併せ、後年発行の分析本など様々な書籍をご用意しましたので、お気軽に立ち読みをドーゾ。

 

レコード棚も1台増やし、現在必死にレコードつくり中です!

過去の特集コーナーも常設として残し、新しい商品は毎日補充中です。初めての方も、以前にお越しいただいた方も、お気軽に覗いていただければ幸いです。

英国B級紳士の集い/ようこそ、ニッチ・ポップ・ワールドへ

投稿日: カテゴリー: NEWS & NEW ARRIVAL

ビートルズ解散後から、ニューウェイヴ初期に至る時期のイギリスで、一寸ポップでひねくれ気味、押しが弱くてうだつの上がらないバンド連中が、ロンドンの霧に紛れて活動しておりました。
メインストリーム・ポップやハードロック、プログレのスターバンドたちが華やかに活躍するのを横目に、ぬるいビールを傾けながら、ポール・マッカートニーやスティーリーダンについてボンヤリ語り合う彼ら。
つい悪ふざけに走るけど、趣味の良さなら負けません。レゲエやテクノも器用にこなします。いわゆる「名盤」とは縁のない、どこか愛すべきレコード達を残した彼らのニッチな足跡を、こっそりと振り返ってみましょー。

そもそもこんなショボクレた連中に惹かれ始めたのは、ニューミュージックマガジン1978年8月号に掲載された鈴木慶一氏の文章がきっかけかと。当時氏はマガジンに毎号寄稿し、その頃のライダーズでの詞作センスに通じる妖しい形容を駆使した評論は若き我々リスナーの心を鷲摑み、そこで取り上げられる音盤を夢中になって掘り下げたものです。
件の原稿では、シン・リジ―やドクター・フィールグッドといったメジャーどころに混じって、セイラー、デフ・スクール、シティ・ボーイらの名を挙げ、ゾクゾクする文章と共に紹介されております。
ここでの記事のタイトルが「英国B級紳士たちは、それなりにシタタカだ」ということで、その後「ニッチ・ポップ」なる呼び名が標榜されるまで、我々スキ者はコッソリと「 B級」の勲章を彼らに捧げていたのであります。

70年代頃は、「B級映画」を愛でるという倒錯した趣味が横行し過ぎ、反動として『「B級」というのは作り手に失礼だろう』という声が強まって「B級」があまり使われなったと記憶しておりますが、「A級」なるものに対するアンチ、という意味でも、今回「B級」を敢えて肯定的に使ってみました。「紳士」が付くとこがミソだったりもしますが。

彼らの特徴として挙げられるのは、《どこか斜に構えてる又はひねくれてる/仕掛けやギミックを多用し、悪ふざけしがち/趣味の良さに自信があり、ええかっこしい/総じて頭でっかち/売れたいのは山々なのに上昇志向が希薄(だからB級w)》といったところでしょうか。
もっともこちらの勝手な思い入れで、本人たちはいたって真面目にやってるつもりなのかもしれませんが。

嘗てはムーンライダーズ・ファンなど中心に一定の愛好者がいて、レコード屋にもよく「モダーン・ポップ」として括られコーナーが設けられていましたが、今の時代には受けが良いとも思えません。流行りのもの、先端とされるサウンドのいずれもが、真面目で辛気臭く、ギミックや仕掛けを嫌い、ある種のグルーヴを重視するものが目立ち、それは悉くこのニッチなポップロックとは相容れないものです。

それでもまあ、クラスに一人ぐらいは変わったヤツがいるだろう、そもそもそういう立ち位置のモンだし、ということで、営業的な成功の見込みもない(?)まま今回の企画を立ち上げた次第です(これがまたB級っぽいか)。
万人にお勧めするつもりもありませんし、できませんw お好きな方がいらしたら、コッソリお声をお掛けください。店の奥で秘密のブツを…

※2月10日コーナーopen

inspired by K-1 Suzuki @ n.m.m.1978.8 & Niche Pop 1999

 

新年のご挨拶、そしてコロナ

投稿日: カテゴリー: TALK

新年あけましておめでとうございます。
昨年のオープンから間もなく半年、なんだかんだでここまで辿り着きました。
応援してくれる友人・知人、そして何より、何度も足を運んで頂いている方々を始めとした全てのお客様のお蔭と思っております。
綺麗ごとではなく、お客様ってホントにありがたいなあ、という気持ちは、正直、会社勤めの頃とは比較にならないほど大きいものです。色々と厳しいところもありますが、できるだけ長く続けたいと考えておりますので、もうしばらく見守ってもらえれば幸いです。

さて、コロナ第二波の最中にオープンした当店、ここにきての感染拡大にあたりどうしていくのか。

基本的には何も変えるつもりはありません。営業時間・休業も今まで通り。そもそもハナっからコロナ対応仕様でやってるワケで、自身のマスク着用と手指消毒、接客の度にカウンター周りの消毒、定期的な換気などなどは日常業務です。
カウンターには日曜大工でアクリル板を設置してありますが、試聴・接客コーナーにも近日新設。テレビスタジオかよっ、てカンジのアクリル仕切りを予定しております。

ご来店いただいた方はお分かりと思いますが、そこそこ広さもあるので人が密になることもなく(そんなに来ないしw)、ご自身によるマスク着用・手指消毒と併せて、比較的安全な環境ではないかと思います。

商品は不特定の方が触りますので、ご心配な方はご帰宅後ビニール袋の上からアルコール類で拭いてください。
我が家でもスーパー購入品など外から持ち帰ったものは全て拭いてます。

店をやっていて1つ気を付けているのが、音楽(とか商品にまつわること)以外の話題を持ち出さないこと。
コロナやら何やら面倒な日常を忘れるためにいらしているのだろう、と思うからで、逆に愚痴りたいって方はご遠慮なく。できる範囲でお相手しましょう。

「自粛を要請する」ような間違った日本語に従うつもりはありませんが、状況がより悪化してきたら、営業態勢を見直すかもしれません。が、とりあえずは毎日(定休日以外)店に来て座っております。

オンラインショップのタイトルを増やすチャンスとも思っているので、写真撮ったり作業してるかと思いますが、
何か聴きたかったり話したければ、どーぞ遠慮なくお声をお掛けください。

とゆーカンジで、今年もご来店お待ちしておりますー

笑いは地球を救う???

投稿日: カテゴリー: NEWS & NEW ARRIVAL

世の中なかなかに大変なことになっております。せめて正月くらいはイビイビせずに迎えたいと思い立ち、長年勝手に?集まってきた「笑い」に関するアイテムをイッキに放出致しました。落語・漫才・その他色物・喜劇などのレコード・CD、芸人・喜劇人が唄ううたの数々、そして各種関連書籍などを集め、見るだけでも楽しい棚を作ってみましたので、ドーゾ皆様お気軽にお立ち寄りください。

「笑い」については、小林信彦の著作との出会い云々とか、80年の漫才ブームとか、色々語れちゃうこともありますが、ここはシンプルに、今までわたしが「面白い!」と思ってきた「笑い」を列挙してみましょー

⇒タモリのオールナイトニッポン、近田春夫のパック、久米宏、笑って笑って60分(見ごろ食べごろ笑いごろ)、シティボーイズ(ラジカル・ガジベリビンバ・システム)、野田秀樹、怪物ランド、星セント・ルイス、ビートたけし、爆笑問題、山城新五、上岡竜太郎、ムー一族、象さんのポット、ヤッターマン(ヤットデタマン)、マカロニほうれん荘、いしいひさいち、古今亭志ん朝、舞台の三宅裕司、笑の大学、植木等、東京の暴れん坊(順不同・日本モノに限定・主にテレビ・ラジオ・映画媒体のもの、デス。)

店頭の品物とリンクしたり、しなかったりしますが、例えばボーイズものとかは「笑い」というより音楽として楽しんでいる訳です。最近のテレビで見かける、主に関西系の芸人たちの悪ふざけは、どーも品が悪くって馴染めません。現役では東京03が好きですね。

なんて勝手な戯言はお忘れいただき、どーかひとつ、笑って新年をお迎えいただくようお祈り申し上げます。

7か月遅れの追悼。Ian Whitcomb

投稿日: カテゴリー: TALK

ここ数年ミュージシャンの訃報を頻繁に耳にするようになり、その度に様々な思いを抱くのですが、こんなにジンワリと淋しい気持ちになるのは珍しいこと。その殆どのレコードを買い集め、來日時にも追っかけて直接サインを戴くなどして、大ファンを自認していたイギリスのシンガーにしてラグタイムやティンパンアレイ・ソングの研究家、イアン・ウィットカムが亡くなっていたことを、実はつい最近知りました。

亡くなった日が、4月19日という、ちょうど世の中が閉鎖態勢、わたし自身も前職を離れたばかりでかなりドタバタした状況だったとはいえ、この大事なニュースを見逃していたことに気付いたときは、ひどく脱力してしまった次第。

最初の出会いは、やはりパイド・パイパー・ハウスの広告とその店頭。ポール・マッカートニーのノスタルジー路線や、『ザッツ・エンターテインメント』がきっかけで嵌まったミュージカル映画など、good old timeのハリウッドソングへの興味を膨らませていた10代半ば、情報が少なかったことも相まって、彼の存在はとてもワクワクするものでした。

ただ、そこで一気に熱中していったわけではなく、すぐに訪れるニュー・ウェイヴの騒ぎに心奪われ、ひとまずはレコード棚の片隅へ。再会したのは’80年代後半、なんと最初の職場で催された輸入盤バーゲンコーナー。掘り出し物が多数と評判の500円均一の塊をチェックしたら、かつてパイドで見かけたタイトルがズラリと並び、片っ端から取り置き(!)の大反則に。

これが呼び水となり、以後レコード屋を覗く度に『I』コーナーをチェック、Discographyとにらめっこしながら集め続け、更にはご本人のウェブサイトからCD、著作、DVDなど様々なアイテムを収集し、いっぱしのコレクターと相成ったワケです。

R&Bスタイルの一発ヒットからスタートし、60年代のブリティッシュ・ビート・シーンをバックボーンに、突然ラグタイムを奏で始めたカッコ良さ。そのひねくれ具合とロックンロール・スピリットの混じりあい方はまさにイギリスならではの存在では。更に永年にわたってティンパンアレイを研究し続けるオタクさ加減も美しい。そして何より(後のトット・テイラーにも繋がる)フレッド・アステアを意識したと思われる小粋なボーカルスタイルが、ある種の異化効果を孕みながらも、ドリーミーなサウンドを支えています。

本来なら自分の店にズラリと並べて皆サマにお楽しみ戴くところなんですが、それは少し先に取っておくことにして、遅ればせながら彼の死を独り弔いたいと思います。合掌

NEW ORLEANS Sounds コーナーOPEN!!

投稿日: カテゴリー: NEWS & NEW ARRIVAL

毎月の特集企画、今月は色々迷ったんですが、トランプ氏敗北記念!(?なんじゃそれ?)、ニューオーリンズものを集めることと致しました。(ルイジアナ州は「赤い州」みたいですが……)

ニューオーリンズ・サウンドへの入り口は、ご多分に漏れずナイアガラ~大滝詠一作品。アルバム「ナイアガラ・ムーン」が大好きで、「GO GO NIAGARA」のニューオーリンズ特集をエアチェックしては何度も聴きかえし、パイドパイパーで入手したヒューイ・スミスやロングヘア―のレコードをとっかかりに細々と集め続けてきました。

今回からは「セール」ということではなく、先ずはコーナーをオープンし、継続的に補充していけたらよいかな、と考えています。(ま、今までの各種「セール」も結果的に常設化していますが。)

上記二人以外に、DR.ジョン、アラン・トゥーサンの関連諸作、一寸渋めのR&Bなど幅広くご覧いただけます。

コーナーは11月8日に開設しました。どうぞチェックしてみてください。

AFRICAN POP! vol.1 / Nigeria辺り LP+CD 放出!

投稿日: カテゴリー: NEWS & NEW ARRIVAL

ソフトロック特集の好評さ加減を見るまでもなく、当店のお客様はどちらかといえばポップス系のものがお好きな方が多い様子。勿論自身も大好物なんですが、しかし、わたしの拘りは別のところにもあるのですー……

とゆーアナザーサイドを代表するのが、長年愛聴してきたアフリカン・サウンド。ニューウェイヴが飽和状態にあった80年代半ば、コンゴのフランコを皮切りに、とり憑かれたようにアフリカものを聴き漁り、そこから次々とエスニックなもの、アフロ・アメリカンものなどに突き進み、それまで「真っ白け」だったわたしの耳は大きく変化を遂げたのでありました。

ニューウェイヴ・リスナー的な「エキゾチック」な(今なら「辺境」とかいう言い方がされるのかしら)捉え方ではない態度で、好奇心の赴くままに熱中したあの時期は貴重な体験ではありました。

音に対する興奮の仕方が、例えばソフト・ロックとジュジュ・ミュージックで違うのか、自分の中でもハッキリしないんですが、一つ言えることは、どんなジャンルでもPOPなものが好きなところは変わらないなあと。どっかで下世話な部分、キャッチ―なところを求めてるのは共通している気がします。

そんな訳で、様々なアフリカン・サウンドを何度かに分けて放出していこうとプランを立てました。第1弾は西アフリカの大国ナイジェリア。フェラ・クティとサニー・アデが有名ですが、それ以外にもフジ、アパラなどといった、パーカッションとボーカルのみがぶつかり合うハードなサウンドもあります。一聴すると所謂民俗音楽のように聞こえるものも多いですが、やはりこれらも大衆に愛されるPOPなんですよ、とゆー思いを込めて、「AFRICAN POP」と銘打ちました。結構珍しいものもありますんで、どーぞご来店の上ごゆっくりお楽しみください!

 

 

We are SOFT ROCKERS! !

投稿日: カテゴリー: NEWS & NEW ARRIVAL

実は元々、店を始めようと思い立った頃に想定していたオープン時期は9月の連休だったのです。
真夏の暑いのは避けたいしオリンピックもあるし、じゃあこの辺だろうー、特集セールみたいなものをやるなら最初はやっぱしソフトロックでしょう、なんて思い描いてたのが色々(ホント色々)あって。

でまあ予定通り(?)、ここでソフトロック&サンシャインポップ特集をやらせていただきます。
私の中でも長年こだわり続け、目につけば拾い集めてきたアイテムから、先ずは「基本が大事」的なものを中心に、チョイと関連する周辺ものも併せてお届けいたします。
ここの画像やtwitterにアップするもの以外のタイトルも出しますが、まあ全体でも大した枚数はないので、期待は失望の母でゴザイマス。

9月19日(土)スタートです。今回は予告しちゃいますが、どうか皆サマ落ち着いて、命を守る行動を。
ご来店お待ちしておりますー